汗臭解消 ― その原因と対策

じっとしていても吹き出してくる汗、外から室内に入って座った途端、汗が噴き出す‥‥ 夏の汗、気になりますね、そのニオイ。

原因を知って、正しく対策をすれば不安は消せます。健康的にいい汗をかいて、体調をととのえましょう。

汗腺のはたらき

汗腺には2種類あります。身体全体に分布する「エクリン腺」と、脇の下、下腹部、乳首などに存在する「アポクリン腺」です。
エクリン汗腺は発汗に伴い、体温を一定に保つ働きをします。
アポクリン汗腺から分泌される汗は、緊張などが原因となって発汗します。

汗をかいたままにすると、ニオイに加え肌への刺激となることもあります。かと言って、汗をかかないようにするのも身体のバランスを損ねかねません。
適度に汗をかき、速やかに対処することが、汗臭に悩まされない健康的な暮らし方と言えるでしょう。

汗臭の原因は?

  • 過度のストレスや疲労
  • 偏った食生活
  • 腸内悪玉菌の働き
  • 皮膚や衣類に付着した細菌の繁殖
  • アポクリン腺の数や大きさ
  • 汗腺のおとろえ

汗腺の数は、生活環境により変化します。汗をかかない生活を続けていると、感染の数は減少し、汗を分泌する能力がおとろえます。これにより、体温調節機能も低下します。

クサイ汗と臭くない汗

体温調節を行う汗はエクリン腺から分泌され、ほぼ無臭です。
身体の表面にある汗腺(エクリン腺とアポクリン腺)から皮膚表面に吹き出した汗が、皮脂やアカと混じり細菌(黄色ブドウ球菌など)と反応することで匂いを発するようになります。
汗腺は腎機能の一部を担い、腋臭はフェロモンのニオイ?

クサイ汗

  • 疲労やストレスが溜まると血中アンモニア濃度が高くなり、ツーンと臭う汗になったりします。「疲労臭」「ストレス臭」と呼ばれることもあります。
  • カレー、キムチ、ニラなど匂いの強い食品を食べたあと、汗腺からも一部分泌されます。食べたものにより汗のニオイがキツくなる、そんな経験はありませんか。
  • 清潔にしているつもりでも、ニオイ成分は蓄積されています。洗ったはずの下着や靴下を着用してすぐ「クサイ?」と感じるのは、洗濯しても落とし切れなかった細菌が繊維の隙間に残っているから。その菌に汗が混じることで、鼻に届くニオイとなっています。
  • 男性ホルモンの活発な働きで皮脂分泌が促進され、かいた汗と入り混じって男性的エネルギッシュな匂いとして周りに広がることも。クサイ、臭くないは、人によって、好みによっても変わります。
  • 毛根近くに存在するアポクリン腺は、元来フェロモンに準じる汗を分泌するため、タンパク質や脂質、アンモニアなどを多く含みます。皮膚表面に吹き出した汗が体毛周辺に付着し、皮脂や垢と常在菌である黄色ブドウ球菌などと反応することで、強い匂いを発するようになります。
  • 年齢が上がってくると、皮脂に含まれる「パルミトレイン酸」と、皮脂が酸化してできる「過酸化脂質」が結合し、皮脂常在菌と反応して、加齢臭の原因となる「ノネナール」ができます。これを原因に「加齢臭」が発生します。
  • 40代あたりから徐々に気になるニオイとして「ミドル脂臭」があります。汗腺の働きが低下し、汗の中に混じる乳酸が皮脂常在菌によって分解され、ニオイ成分「ジアセチル」を排出。中鎖脂肪酸と混じって、古い油のニオイにも似た「ミドル脂臭」といわれる独特なニオイが発生します。
  • 帽子の中、靴の中、脇汗など、こもった箇所に汗をかくと、夏場は特に気になる汗臭を発します。自分では帽子や靴、衣類を清潔に保っているつもりでも、周囲には「その人のニオイ」として伝わっています。こもりやすいため、強烈なニオイになることも‥‥
  • カレーやラーメンを食べているとき、汗が髪の中~頭皮、額に噴き出している男性を見かけます。中途半端に拭き取ったり、そのままにしておくと、やがて頭がプ~ンとにおってくることも‥‥
  • アポクリン腺から分泌される汗には尿素・アンモニア・脂肪酸などが含まれ、粘り気が強いのが特徴。ワキガの原因でもあります。

臭くない汗

  • 汗をかき始めにエクリン腺から分泌した汗は、ほぼ無臭です。
    汗を放置せず、速やかに拭き取るなどして、汗シートはそのまま処分し、タオルハンカチなどは洗い替えと共に2枚以上持って歩くと安心です。

汗臭への対策は?

  • ストレスを溜めない。適度に解消しながら、日々健やかに。
    • → 無理や我慢のしすぎは汗臭のみならず、体調を損ねる原因になります。
  • 腸を元気に、活発に動くような食べ物を上手に取り入れる。
    • → 納豆、めかぶ、もずく、ヨーグルトなどがおすすめ。
  • 特に気になるときは、ニオイ成分の強い食べ物を控える。
    • → ニンニク、ニラ、キムチ、カレー、パクチー、くさや‥‥
  • お酒の飲み過ぎを控える。
    • → 過剰に摂取したアルコールが分解されるとき、汗臭に「酒臭さ」が混じります。お酒はおいしく、程々に‥‥
  • 適度に運動して汗を体外に出させ、すぐに拭き取る、シャワーで洗い流すなど清浄を保つ
  • ぬるめのお風呂に10~15分入るのを2セットほど繰り返し、充分に汗をかく。
    • → 入浴前と後には水分補給をしっかりと。
  • 制汗剤や香水、コロンなど使う際は、体表に残る汗や汚れ、常在菌を洗い流す、拭き取るなどして、清浄な肌に使う。
  • 靴や帽子など、汗臭が溜まりやすいものは洗う、除菌するなどして清潔に。
  • 衣類を選択する際は、下着・靴下などは裏返して洗い、繊維の中にニオイ物質を残さないようにする。

汗はワルモノ、というのは誤解です。汗と上手に付き合って、健康で快適な暮らしを続けてください。