光触媒

読み方:ひかりしょくばい

光を吸収して触媒作用を示す(化学反応を促進する)物質のこと。光があたると、通常では困難な化学反応を常温で行わせる。

光触媒は酸化還元反応を促進する。有機物や細菌を分解することが可能。大気・水素・土壌の浄化から抗菌・除菌・防汚・セルフクリーニングなど、環境問題を中心とした身の回りの様々な局面に利用される。