京都画壇

読み方:きょうとがだん

主に明治時代以降の「東京画壇」との対比で使われるようになった京都美術界を指す。江戸中期の円山応挙からスタートした円山派、江戸後期には呉春を祖とする四条派、幕末に円山派、四条派、さらには室町時代から続く狩野派もあった。

明治中頃までは、森寛斎・幸野楳嶺・鈴木百年の画塾が中心となっていた。以降、竹内栖鳳・菊池芳文・都路華香・土田麦僊、小野竹喬、榊原紫峰、岡本神草、上村松園、橋本関雪、堂本印象らを輩出し、京都美術が広まった。

応挙からスタートした写生重視の流れは、脈々と京都画壇の日本画家達の努力によって根付き、日本画の写意という思想理念にも繋がった。今日の京都画壇を担う日本画家たちも、写意を軸にした写生重視の姿勢と習慣を継承し続けている。