京プリント

読み方:きょうぷりんと

江戸時代中期、京都の知恩院の近くで扇の絵師として活躍する宮崎友禅という職人の画風が評判となり、後に染め物の図案家として世に知られるようになった。

その頃から京都の染めの技術も向上し、京都は染色の産地として栄えた。その伝統技術を培い、伝統と現代の染色技術の融合により、染色産地としての京都が確立。

西陣織・友禅染などの伝統産業が生まれ育ってきた京都で、染色加工されたプリント生地を「京プリント」「京都プリント」と呼ぶ。

京都プリント染色協同組合 ▶ http://kyoprint.jp/