殺菌活性値

読み方:さっきんかっせいち

一般社団法人 繊維評価技術協議会(JTETC)が定める、生菌数を計るための基準。

接種直後の標準布の生菌数を18時間培養し、加工布に存在する生菌数で割った値。

殺菌活性値には「一般用途」と「特定用途」があり、「一般用途」は黄色ブドウ球菌・肺炎かん菌で試験を行う。対数値が0を上回れば、「効果がある」とする。

「特定用途」では、上記に加え、MRSAを用いた試験を行う。こちらも、対数値が0を上回れば「効果がある」とする。

一般社団法人 繊維評価技術協議会 ▶ http://www.sengikyo.or.jp/