感染症

読み方:かんせんしょう

病気を起こす小さな生物「病原体」が体内に侵入し、症状が起きる病気。病原体は、大きさや構造によって細菌・ウイルス・真菌・寄生虫などに分類される。

病原体が体内に侵入しても、症状が現れない場合もある。感染症が発症するか否かは、感染力の強さと人体が備え持つ抵抗力とのバランスに」左右される。