不活化

読み方:ふかつか

微生物などの病原体が本来もつ働きを、熱・紫外線・薬剤などにより死滅させる作用。

特に、ウイルスなどの感染力や毒性を失わせることについていう。